《旧指定成分》

旧指定成分って?



旧指定成分というのは

化粧品に含まれる化学薬品の中で、旧厚生省が指定したアレルギー・皮膚障害・がんを引き起こす可能性の高い毒性が確かめられた102の成分を「指定成分」と呼び、これらの成分を含む化粧品は表記が必須でした。

2001年4月以降は、全成分表示が義務付けられたので、
それらは現在「旧指定成分」と呼ばれています。

この旧指定成分は強い毒性を有するものですが、
それ以外にも化粧品に含まれる化学薬品は有害成分だらけです。

一般の化粧品で無添加と謳っているものは、この旧指定成分が無添加というだけで、他の化学薬品はたっぷり入っているというのが現状です。

パラベンが無添加なだけで、無添加化粧品と謳われているものがよく見うけられます。



ワイエスラボTVCM

《クレンジング編》
クレンジング編2

《化粧液編》

化粧液編

LINEバナー



カレンダー
  • 今日
  • 定休日

2017年5月以降の定休日は未定です。

ページトップへ